新型コロナウイルスの影響

January 09, 2022 17:16

日立のイトーヨーカドー閉店へ コロナ直撃,にぎわい創出に痛手

 茨城県のJR日立駅前の「イトーヨーカドー日立店」が今月16日,閉店する。現時点で後継テナントの見通しは立っていない。
 1991年10月のオープン以来地域商業の核となってきたイトーヨーカドーの撤退は,新型コロナウイルス禍の影響で冷え込む地域経済にさらなる打撃となる。

 イトーヨーカドー日立店は,5階建てビルの地下1階から地上3階(延べ床面積約2万4000平方メートル)で食料品,衣料品などを扱っている。
 開店当初は120億〜130億円を売り上げていたが,近年は人口減少や郊外型店舗の進出の影響で30億〜40億円まで落ち込み,赤字が続いていた。ヨーカドーの16日閉店と同時にテナント24店舗も閉店するが,4,5階にある100円ショップ,書店,ゲームセンターは営業を継続する。

 日立市は,ヨーカドー閉店後も日立駅前地区で買い物環境を維持するため「ひたちこれから。プロジェクト」を進めている。閉店翌日の17日から期間限定で,駅前のビルに生鮮食品や弁当,生活雑貨などを取り扱う店を開く。

 ヨーカドー閉店後,退去には数カ月かかり,現時点で後継テナントの見通しは立っていない。小川春樹市長は「長い間空白にしておくことはできない。異なる業種も検討しながら,建物全体の再オープンを目指したい」と話しており,市はビルの所有者と連携しながら誘致に力を注いでいる。




April 03, 2020 08:00

>>>小売販売販売額2月は過去2番目の金額,買いだめで前年比1.7%増 −商業動態統計速報 

 2020-02-商業動態統計-01









  経済産業省 https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/syoudou/index.html 発表の2月の商業動態統計速報 https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/syoudou/result/sokuho_1.html によると,商業販売額は34兆8770億円,前年同月比3.8%減でした。
小売業販売額(全店ベース)は前年比1.7%増の11兆2280億円と5カ月ぶりに増加しました。新型コロナウイルスの影響による買いだめでマスクや除菌剤,トイレットペーパーの販売が急増,1959年の調査開始以来過去2番目の金額となりました。
 2月末に安倍晋三首相がイベント自粛,学校休校要請を打ち出したことで,各種商品の買いだめの動きが顕著でした。スーパーでは飲食料品や衛生用品の販売が伸びたほか,コンビニも備蓄用レトルト食品やマスクなどが増えた。特にドラッグストアはマスク,トイレットペーパー,除菌剤などの販売が増え,前年比18.9%増の6054億円と過去3番目の販売額でした。

 業種別では飲食料品,機械器具小売り,燃料,医薬品化粧品,無店舗小売りなどが増加。各種商品,織物衣服,自動車などが減少しました。
 業態別ではスーパー,コンビニエンスストア,家電大型専門店,ドラッグストア,ホームセンターが増加。百貨店は訪日客不振で減少しました。 



March 17, 2020 12:07

中国国家統計局が16日発表の今年1〜2月の主要統計によると、消費動向を示す小売売上高は前年同期比20・5%減と大幅減少した。小売売上高の伸びがマイナスになるのは記録を確認できる中で初めて。新型コロナウイルスの蔓延(まんえん)を受けて、主要統計はいずれも初のマイナスに落ち込んだ。世界での感染拡大により影響が長期化する恐れも強まっている。

 小売売上高は、昨年12月(8・0%増)から急激に悪化した。新型コロナウイルス感染防止で,店舗や飲食店が長期間に渡って営業停止を余儀なくされたことが直撃した。


March 10, 2020 22:06

>>>ラオックス 全国で店舗網縮小 新型コロナで客数減少


 総合免税店のラオックス https://www.laox.co.jp/laox_outline/ は新型コロナウイルスの感染拡大による客数減少などから,全国9店舗の閉店や一時休業をこれまでに決めている。同社は売上高の3割を占める主力のインバウンド(訪日外国人)事業が苦戦し,新型コロナの拡大前から複数の店舗の運営見直しを検討していた。感染拡大による中国人団体客の急減で,計画前倒しで早く閉店を決めた店もある。

 ラオックスは2月18日に大阪日本橋店の一時休業に踏み切ったのを機に,札幌狸小路店(札幌市)と函館赤レンガ店(北海道函館市),鹿児島店(鹿児島市),沖縄国際通り店(那覇市)を2月から順次,閉店した。2月29日〜3月1日には札幌本店(札幌市)など北海道の5店舗を臨時休業した。3月9日には,炊飯器,掃除機の家電や雑貨に加え,京都の伝統工芸品などを扱っていた京都祇園店が閉店した。

 ラオックスの2019年12月期の連結決算は78億円の最終赤字(前の期は10億円の赤字)と,2年連続の赤字だった。店舗の見直しや新型コロナの影響への懸念もあり,2月17日〜3月6日にはグループで計160人の希望退職者を募った。

     ・・・・・・・・・・ラオックス リリース・・・・・・・・・・・・・・

 ⇒⇒  資本金及び資本準備金の額の減少並びに剰余金の処分に関するお知らせ


 当社は、2020 年2月 27 日開催の取締役会において、以下のとおり、2020 年3月 27 日開催予定の第 44 期定時株主総会に、資本金及び資本準備金の額の減少並びに剰余金の処分について付議することを決議いたしましたので、お知らせいたします。

1. 資本金及び資本準備金の額の減少並びに剰余金の処分の目的
現在生じております利益剰余金の欠損額を補填し、早期の財務体質の強化を図るとともに今後の資本政策上の柔軟性及び機動性を確保することを目的としております。

2. 資本金の額の減少の要領
(1) 減少する資本金の額
会社法第 447 条第1項の規定に基づき、2019 年 12 月 31 日現在の資本金の額 6,850,868,015 円を3,850,868,015 円減少して 23,000,000,000 円といたします。
(2) 資本金の額の減少の方法
払戻を行わない無償減資とし、発行済株式総数の変更は行わず、資本金の額のみを減少し、その他の資本剰余金に振り替えます。
3. 資本準備金の額の減少の要領
(1) 減少する資本準備金の額
会社法第 448 条第1項の規定に基づき、2019 年 12 月 31 日現在の資本準備金の額 23,123,930,810 円を3,834,258,024 円減少して 19,289,672,786 円といたします。
(2) 資本準備金の額の減少の方法
資本準備金の額を減少し、その他の資本剰余金に振り替えます。
4. 剰余金の処分の要領
会社法第 452 条の規定に基づき、資本金及び資本準備金の額の減少の効力発生を条件に、資本金及び資本準備金より振り替えたその他資本剰余金の合計額 7,685,126,039 円全額減少させて繰越利益剰余金に振り替えることにより、欠損の填補に充当いたします。
(1) 減少する剰余金の項目及びその額 その他資本剰余金 7,685,126,039 円
(2) 増加する剰余金の項目及びその額 繰越利益剰余金 7,685,126,039 円



livedoor プロフィール

kobayashi_rk

記事検索
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ