流通分野の書籍紹介

April 03, 2020 22:27

2020-04-商業界

(株)商業界(港区麻布台2−4−9,設立1948年8月)は4月2日,東京地裁から破産開始決定を受けた。負債総額は約8億8000万円。

 同社は,1948年に創刊の「商業界」(2017年時点で発行部数8万2000部),「販売革新」(同約8万部)「食品商業」(同10万1000部)などの月刊誌を刊行していた。
 流通業界に古くから精通し,雑誌のほか小売・流通に関するセミナーも多数開催していた。ピーク時の1996年6月期には売上高約21億円をあげていたものの,その後は刊行物の部数低迷により売上は減少傾向にあった。
 2019年に月刊「ファッション販売」の発行を他社へ移管するなど,定期刊行物の発行を縮小していた。


December 01, 2018 13:53

激流 2018年 01 月号 「ドラッグストア異業種侵攻業態の猛威」

−−月刊激流 2018年 01 月号〔ドラッグストア異業種侵攻業態の猛威〕

総論■成長再加速の異業種キラーが向かう道

特集企業 ●ウエルシアHD
・専門性に軸足を置き、高付加価値商品の開発で支持を獲得

特集
■ドラッグストア■■
食品偏重から独自性模索に動く
●再成長三大要因の将来不安が示唆する次の一手
●ウエルシアHD
・調剤を基本に据え、化粧品、都市型店で新市場を開拓
●ツルハHD
・グループシナジー最大化で主力三部門に磨きをかける
●サンドラッグ
・勝利の方程式に陰りがみえ成長率が鈍化
●マツモトキヨシHD
・「継続は力」の実践で差別化戦略が開花
●コスモス薬品
・EDLPと接客で郊外も都市も集客力を高める
●スギHD
・予防から終末期までトータルヘルスケア戦略が動き出す
●ココカラファイン
・出店と顧客接点の拡大でロイヤルカスタマーを醸成
●カワチ薬品
・メガ・ドラッグストアの集客力が衰え、小型店の開発に望みをつ
なぐ
●クリエイトSDHD
・食品強化から一転、ビューティーの新業態に舵を切る
●クスリのアオキHD
・二パターンの積極出店に見合う組織固めを急ぐ
●キリン堂HD
・既存店の収益力向上に力を注ぎ関西の地盤を固める
●中部薬品
・生鮮食品の扱いに歯止めをかけ、美と健康に軸足を移す
●Genky DrugStores
・生鮮ドラッグ急拡大で石川、愛知のシェアを奪取
●薬王堂
・商品から健康管理までワンストップの利便性を提供
●トモズ
・企業理念に沿った姿勢を貫きブランド力向上を図る
●アインHD
・専門性と仕組みの両輪を回し、利益拡大フェーズに突入
■各社トップインタビュー
ウエルシアHD「水野 秀晴 社長」/ツルハHD「堀川 政司 社長」/マツモトキヨシHD「松本 清雄 社長」/コスモス薬品「横山 英昭 社長」/スギHD「杉浦 克典 副社長(スギ薬局社長)」/ココカラファイン「塚本 厚志 社長」/トモズ「�砺���ぢ英之 社長」/日本チェーンドラッグストア協会「今西信幸 事務総長(医学博士)」
■大手ドラッグストアチェーンの業績一覧
■大手ドラッグストアの食品、化粧品、調剤の売上高・前期比・構成比推移

■インタビュー「この人に聞く」
●フジ 山口 普 代表取締役社長 兼 COO
・雇用を守れる地域一番の会社を存続させる

■流通トピックス
●「税別価格表示」継続要望は誰のため
●人手不足の深刻化が企業の整理淘汰を加速する
●再び成長路線に舵を切ったバローホールディングス
●打ち出の小槌が使えないRIZAPのV字回復はあるか
●流通業界の「泣き笑い」、軽減税率と入管法改正

■特別レポート
・縮む市場で成り立つ狭小商圏フォーマットの勝者

■中国レポート
・最後のフロンティア、中国医薬品小売業に変革の波

■最新店舗情報
●ヨークマルシェ大和町店(ヨークベニマル)
・投資構造を変えて戦う小型新フォーマットの実験店
●イオンスタイル水戸下市
・GMSからSMへの転換で地域密着のニーズ対応
●ライフマチノマ大森店 
・館の集客力も利用しヤングファミリー・シニアを取り込む

■ バイヤーズ・アイ
●阪急オアシス 「ヨーグルト」
・個店ごとに品揃えを変え、付加価値商品を育成

■ 商圏を読み解く
・クスリのアオキが仕掛ける「生鮮フルライン店」の習熟度

■ オムニチャネルの処方箋
●第4回 パリ・ロンドン視察編
・顧客視点を突き詰めたクリック&コレクトの進化

■ ヒット商品はこうして生まれた
●作業用手袋
・第9回 日本のものづくりの必勝パターンで新ジャンルを確立

■ 商品戦略
●ユニ・チャーム 「生理用品」
・ライフスタイルの多様化に着目しプレミアム訴求で市場を活性化

■ 全国スーパーマーケット協会
●「FOOD TABLE in JAPAN 2019」を開催
・食品産業の最新情報が集まる合同商談展示会「FOOD TABLE in JAPAN 2019」を開催

■ 企業戦略
●東洋新薬
・受託メーカーナンバーワンに向け、素材から商品までエビデンス重視

■ 商品戦略
●アズフィット「カラーマスク」「ドライクリーナー」
・安心の日本製にデザイン性を取り入れ使用者を拡大

■ 販促戦略
●武田コンシューマーヘルスケア  風邪薬「ベンザブロック プラス」 
・タイプ別の初期症状に合わせた購入促進で高価格市場を活性

■ 海外情報
●米国
・リアル店舗を変えるウォルマートのアプリ活用
●英国
・英国ナンバーワンの集客力を誇るロンドン・デザイナーズ・アウトレット
●シンガポール
・オネストビーがシンガポール版ニューリテイルを開業

■ 情報ファイル
●国分中部、トーカン(経営統合)
・中部最大食品卸の共同持ち株会社「セントラルフォレストグループ」設立
●セブンイレブン・ジャパン(新商品)
・カフェラテを刷新、女性客の集客力アップを狙う
●ヤオコー(新社屋)
・新社屋「サポートセンター」が竣工、意思決定の迅速化を狙う
●キッコーマン(新業態)
・食文化の国際交流が体感できる新型レストラン「キッコーマン ライブキッチン東京」をオープン
●プラネット(講演会)
・プラネットユーザー会2018を開催、軽減税率と多言語化に対
●リードエグジビションジャパン(展示会案内)
・化粧品と健康・美容食品にフォーカスした展示会を同時開催、売り上げ実績を上げる出展社セミナーを実施
●イオンリカー(イベント)  
・海外ワインの飲み比べイベント「ワールド ワインフェス2018」を開催

■ 研究発表
●ハウスウェルネスフーズ 乳酸菌「L-137」
・「食で健康フォーラム」で免疫力を高める乳酸菌「L‐137」について発表、「風邪予防」「歯周病改善」「体調向上」の臨床試験効果を確認

■ 販促戦略
●東海漬物「こくうまキムチ」
・「国産有名ブランド肉&米プレゼント!」キャンペーンとテレビCMに合わせた店頭販促策でキムチ売り場を活性化

■ プロモーション
●ライオン、PALTAC、日本パレットレンタル
・日用品業界初のパレット移動情報の電子化を全国主要物流拠点で開始、在庫数量の可視化や検品作業自動化への開発を進める
●フマキラー
・「第15回虫や植物とふれあうコンテスト」を開催、応募者数は過去最高に

■ 新製品情報
●日清食品
・プレミアムカップ麺「カップヌードル リッチ 贅沢濃厚うにクリーム」
●サントリースピリッツ×ビームサントリー
・クラフトジン「シップスミス ロンドンドライジン」「同 VJOP」
●明治
・菓子「メルティーキッス カカオスタイルミックスベリー」
●あいづの厳選米生産推進協議会
・会津産厳選コシヒカリ新ブランド「AiZ′S-RiCE」
●サンヨー食品
・プレミアムカップ麺「サッポロ一番 みそラーメン 50周年記念豪華版 三重県産伊勢海老使用 タテビッグ」
●丸美屋食品工業
・贅沢な〆メニュー「〆のだし茶漬け さけと三つ葉」
●ファンケル
・越境EC「天猫国際」でサプリメントを販売し、中国事業を本格展開
●サンスター×徳島県・同上勝町
・健康法を体得するヘルスツーリズム「健康道場ツアー」を開催

■ ABCL分析




月刊激流 2018年 01 月号〔ドラッグストア異業種侵攻業態の猛威〕

March 01, 2014 14:27

流通専門誌 「激流」最新号の目次情報




激流 2014年 04月号 [雑誌]
激流」 3月1日 発売号目次

特集 消費増税後に訪れる異次元の業界再編

【地域編】

■北海道 (究極の寡占市場で残された中堅SM最後の色分け)
■秋田・岩手(合従連衡組と地場スーパーの混戦を制する高齢化対策)
■神奈川(県外大手の攻勢でドル箱エリア噴火のカウントダウン)
■愛知(肥沃な商圏を窺う進出組の増加で優勝劣敗の構図が鮮明化)
■広島・岡山(競争無風地帯で始まった大手二強の代理戦争)
■四国(人口減と高齢化の島に押し寄せる第三勢力の荒波)
■九州(旧来勢力を駆逐したDS、コンビニ新勢力の次の矛先)

【業界事情】
インタビュー
日本M&Aセンター 三宅 卓社長
・地域密着だけでは生き残れない大手寡占の激流

食品スーパー
・一〇〇〇社のプレーヤーがこぞって糾合に動き出す
調剤薬局
・調剤報酬見直しで中規模薬局を襲うM&Aの再過熱
地方スーパー(フロンティア・マネジメント 代表取締役 松岡真宏)
・三つの危機感が背中を押し四つの再編パターンが交錯
食品卸業界 (日本M&Aセンター 企業情報部 副部長 金子義典)
・異業態卸との連携を引き金に第三次再編に突入



◎INTERVIEW・この人に聞く【コープみらい 土屋 敏夫 代表理事 専務理事(統括)】
・名門企業再生のスタート台に立てた

◎特別レポート
・海外M&Aを成功に導く、マネジメント力

◎激流レポート
・土壌汚染、物流に始まる豊洲新市場移転の難題山積み

◎激流レポート
・札幌・JRタワー成功の立役者、JR北海道・坂本元社長の死

◎中国レポート
・電子商取引を駆使、農村経済を活性化させた「淘宝村」の試み

◎米国小売流通業最前線レポート
・Part1 薬局市場に押し寄せるオバマケア医療改革のインパクト
・Part2 ウォルグリーン食品戦略強化へ踏み出す

◎新日本スーパーマーケット協会「第48回スーパーマーケット・トレードショー2014」
●地域社会から世界に広がるトレードショー
インタビュー
・FMI(FOOD MARKETING INSTITUTE)シニアバイスプレジデント ダグマー・T・ファー 
・台湾流通業協会 理事 喜美超市(シビルスーパーマーケット)社長 陳 ■一 
(■は左が金右が昆)  
   
◎バイヤーズ・アイ
・ファミリーマート 商品本部 加工食品・飲料部 江口 智史
「飲 料」・売れ筋情報を生かすPB開発で売り上げ増を図る

◎ 話題店舗訪問
チャイハネPart1(エスニック雑貨・衣料の店)
・ネパールを入り口に、世界のフォークロアにお客を誘う

◎食品流通変化の先読み
・卸売市場改革に不可欠な生産者から消費者目線への転換

◎商品戦略
丸大食品
・関連販売効果をフルに引き出す付加価値商品の提案
エスビー食品
・内食志向の追い風を生かす時短調理と本格の味わいを提案

◎流通トピックス
・大阪は手強い大阪三越伊勢丹返り討ちの理由
・マックは今や「草刈り場」外食業界は実質主役が交代へ
・束の間の活況に湧く家電量販店業界
・大丸が三越伊勢丹グループを抜いた札幌冬の異変

◎海外情報
・多難な船出を迎えたウォルマートの新CEO
・カルフールが二〇億ユーロでショッピングモールを買収
・ラグジュアリーブランドの対決、コーチ対マイケルコース

◎情報ファイル
・日本M&Aセンター、青山財産ネットワークス 「最新の税制改正から考える相続・事業承継セミナー」開催
・ローソン コンビニ進化型の新フォーマット「ローソンマート」が登場
・ポッカサッポロフード&ビバレッジ 一四年度マーケティング方針説明会を開催

書評、キャンペーン 、新製品紹介 、バックナンバー紹介、読者の声・編集後記





◇川上から川下までを網羅した流通情報誌

流通業界全般の専門誌としてスーパー、百貨店、コンビニエンスストア、生協、ホームセンターや無店舗販売、問屋業界、物流など広く小売業の全般を捉えています。小売業の業績や購買傾向を探ることで、景気、個人消費の動向、さらに消費者ニーズの変化を探っていきます。また、スーパーのバイヤーに商品情報あるいは消費者の嗜好や変化を取材、誌面化するものや、ある商品郡の売れ筋を調査、そこから市場動向、将来性を分析します。


February 25, 2014 00:00

 「激流」は,流通業界の今を知るのに立つ情報誌である。国内情報にとどまらず,海外情報も掲載していることから,内外の流通事情をいち早く知ることができる。特に小売業各社の情報をきめ細かく取り上げていることから,大手のみならず中小のローカル企業の経営方針や店舗運営の方法など情報を得ることができる。

    ..。oO○.。o○。oO..。oO○.。.。o○..。oO○.。o○。oO..。oO○

激流 2014年 03月号 [雑誌]
国際商業出版
2014-02-01



>>>特集 コンビニに打ち勝つ 食品スーパーデリカの反撃

■競争力格差の自覚が生み出す劣勢挽回の2つの切り口
ヨークベニマル(ライフフーズ)・・自社工場への傾斜を深め人口構造の変化に備える
■イオンリテール・・幕張新都心で実験する総合スーパーの食シーン対応
阪食・・出自は百貨店の強みを生かす高質食品専門館の先兵役
■エブリイ・・売り切れ御免の逆転の発想で獲得した消費者の熱い支持
ライフコーポレーション・・定番商品からオペレーションと新商品に向かう改革の矛先
■サミット・・主力商品強化に始まり新店でコーナー化にステップアップ
マックスバリュ九州・・異業種同業の激戦区で花開く1グラム1円のおかずバイキング
■コープさっぽろ・・偶然を利用して生協初のでき立て惣菜の宅配に挑戦
信濃屋食品・・脱スーパーで作り出す、本格料理と土日のメリハリ
■ヤオコー・・三味の内省化と新惣菜センター稼働で始まる巻き返し
いなげや・・コミュニケーションの横展開で惣菜シフトを明確化
■ロピア・・生鮮DSが挑む安さと美味しさ両極の実現
日本アクセス・・スーパーのニーズに応え簡便・上質商品の開発が急ピッチ

◎INTERVIEW・この人に聞く(第一屋製パン 門脇 宜人 社長)
・名門企業再生のスタート台に立てた

◎中国レポート
・13億の人口を抱える中国に忍び寄る食糧危機の足音

◎特別レポート
・その後が読めない消費増税対応の枝分かれ

◎新店レポート(イオンモール幕張新都心)
・3つのキーワードを具現化する次世代SCの滑り出し

◎米国小売流通業最前線レポート
・Part1 外食市場の構造を一変させる新業態の台頭
・Part2 新ブランドのビールの売り方を変え、市場が活性化

◎データが語る 消費の実態(ドラッグストアのフェイスマスク)
・大容量低価格のヒットでユーザー獲得競争が激化

◎バイヤーズ・アイ
・マルエツ 商品本部 加工食品部マーチャンダイザー 小澤光夫
「簡便調味料」 時代のニーズをしっかり捉え、改廃のスピードを上げる

◎ 話題店舗訪問
・FICO&POMUM JUICE(スムージーとフレッシュジュースの専門店)
青果の恵み丸ごとの健康飲料専門店が出現

◎食品流通変化の先読み
・今も昔も食の安全・安心への無理解と無策

◎業界支援(日本惣菜協会)
・市場の信頼を勝ち取る自主表示と新教育事業の創設
◇ケーススタディ【クックサン(いなげや惣菜子会社)木村博尚社長】
・デリカアドバイザーで磨く惣菜を柱とした店作り

◎流通トピックス
・高島屋新宿店の建物取得に1050億円投資の愚
・あの「しまラー」はどこへ?しまむら、五期ぶり減益の苦悩
・大同団結へSM2協会統合の胸突き八丁
・コープさっぽろ、契約職員1000人正職員化が示す「教訓」
・円安に苦しむニトリ低価格戦略大転換か

◎海外情報
・激動の中国小売業、ウォルマートは サムズクラブで勝負
・驚異的な伸びをみせた年末のオンラインセール
・ジュエリーとファッション分野でM&A旋風強まる

◎情報ファイル
・伊藤忠食品 食品総合展示会「FOOD WAVE 2014」を名古屋で開催
・ハウス食品 春の新製品発表会を開催、消費者の「賢い消費」に対応する
・イオン アジアの学生による事業戦略プラン策定コンテストを開催
・ファミリーマート ファミマプレミアムシリーズ、ラインナップ強化が進む
・東洋水産×味の素 即席麺事業の合弁企業設立、新興国の成長市場を開拓
・新日本スーパーマーケット協会 横山清協会長・スーパーマーケット・トレードショーへの期待を語る



February 24, 2014 12:22

┏┓
 コンビニ業界を知るのに役立つ月刊誌 「コンビニ」

コンビニ業界唯一の専門誌である「コンビニ」は,コンビニ業界のチェーン本部,加盟店の今を知るだけでなく,メーカー,ベンダーといった周辺産業の動きを知るのに役立つ本です。
 また,市場規模を把握するのに役立つ,「日本コンビニ統計」「チェーン本部名鑑」「加盟店条件一覧」など,正確で客観的なデータを収録・掲載しています。





コンビニ 14年02月号 (2014年01月24日発売) の特集
【第1特集】 消費税増税前に点数アップの技術を磨け!
【特別企画】増税後の消費見通しから2020年問題まで
【特集】セルフコーヒーからお客を奪え


 :*☆*:…:*★*:…:*☆*:…:*★*:…:*☆*:  14年02月号もくじ情報…:*★*:…:*☆*:…:*★*:


【第1特集】消費税増税前に点数アップの技術を磨け!
■カウンターで稼げることぜんぶ
<カウンターFF編>           
・「限界値突破」プロジェクト 目標のハードルを上げ、モラールと運営力を高める 
・惣菜プロの「改善提案」 売場の狭さを逆手にとって強い単品を売り込め!
・「魅せる技術」を学べ  食品スーパー「ヤオコー」の買う気にさせる揚げ物 
・機器が「おいしさ」を作る 適切なメンテナンスが味と機能の前提条件だ 
<主要チェーン「FF重点商品」>
●サークルKサンクスの「ごちそうデリカ」
●ミニストップの「ソフトクリーム」
●スリーエフの「やきとり」
<たばこ編>               
・固定客をつける「強い味方」 「効率」の視点で売り方と在庫をもう一度チェック
・売場クリニック フロント展開とコーヒーとの関連強化が正攻法
・緊急提言 「たばこPP法」が日本で導入されたら
<サービス商品編>          
・「物販」のチャンスを逃すな 「集客のフック」をもっと商品の売上げにつなげる 
<レジ接客編>             
・「効率&効果」のトレードオフ ムダを省き接客の付加価値を高める 
・接客プロの「改善提案」  マニュアルではなく、お客視点で対応を見直せ 
・わが店の「接客」  「会話力」を磨く
●スリーエフ船橋本中山店 
★―――――――――――――――――――――――――――――――★
【特別企画】増税後の消費見通しから2020年問題まで
■コンビニの論点2014
<健康な「コンビニ」>
長寿国ニッポンを支えるコンビニ 
<ロジスティクス危機>
コンビニに商品が届かなくなる? 
<離陸する消費>
消費は穏やかな上昇局面を持続 
<2020年問題>
オリンピック景気の次に来るもの 
<大量出店リスク>
「陣取り合戦」の勝者はどこに?
<スーパー侵食>
コンビニが中小スーパーを襲う日 
<コンビニ格差社会>
「横並びの時代」はもう終わった!
<コンビニドラッグ>
狭商圏最強フォーマットは誕生するか 
★――――――――――――――――――――――――――――★
【特集】セルフコーヒーからお客を奪え
■コーヒーバトル第二幕

<攻めるコンビニ>最寄り性で圧倒するFFコーヒー
最寄り性、価格競争力、関連商品の品揃えで外食を侵食

<身構える外食>コンビニが奪う外食マーケット
セルフコーヒー市場を侵食、マシン管理がネックになるか  

<運営クリニック>外食vsコンビニ「ココが違う」 山泰嗣
サーブ時間は外食優位、接客で負かす余地あり  

<テースト比較>「コンビニの味」vs「外食の味」石脇智広
マックに代わるセブン、コーヒーチェーンは多様性が特徴  

<再編シナリオ>「コーヒーMD」を進化させる 
買いやすさと収益性で見直す缶コーヒーからFFコーヒーまで
★――――――――――――――――――――――――――――★
「設備投資減税」の上手な使い方 
★―――――――――――――――――――――――――――★
 【連載】
・P/A会話術
・新SV塾
・「商いのココロ」
・今月の「商品ランキング」
・ニュースクリップ
・コンビニ業界動向
・DATA BOOK
・新製品ニュース
・2月の発注と販促カレンダー
・今月の注目商品
・デザイナーズ・アイ「小商圏フォーマット」
・「小池恵理のデパ地下日記」
・コンビニ栄養学
・「食卓の風景」
・石川香代のPOP講座
・びに子
★―――――――――――――――――――――――――――――★





livedoor プロフィール

kobayashi_rk

記事検索
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ