物流

October 16, 2016 15:24

東京メトロ,東武鉄道,ヤマト運輸など3社 地下鉄使い宅配便配送 運転手不足対策で輸送実験開始


 東京メトロと東武鉄道,宅配便大手3社が今秋から東京都心の地下鉄を使って宅配便の輸送実験を行った。宅配便各社の物流拠点から東京都心部の駅に荷物を運び,回送列車で輸送する。ドライバー不足への対策や渋滞解消による二酸化炭素(CO2)の排出量削減が狙い。

 実験をするのは,東京メトロの有楽町線と,同線と直通運転をしている東武鉄道の東武東上線。宅配便大手はヤマト運輸と佐川急便,日本郵便が参加した。

 東京都の新木場駅や埼玉県の和光市駅に近い物流拠点から,駅までトラックで荷物を運び列車に積む。運んだ荷物は東京メトロの有楽町,銀座一丁目,新富町の地下鉄駅から地上に上げて,宅配便各社が配達先まで届ける。


−−−−−−−−−−−−−−−

Tokyo Metro to test parcel delivery services
    source:The Japan Times ST: September 9, 2016   http://st.japantimes.co.jp/news/?p=nm20160909

Tokyo Metro Co. will test the feasibility of parcel delivery services using its subway system in cooperation with other rail and transportation firms, company sources said Aug. 27.

In the test, starting in fall, parcels are loaded onto deadhead trains at Shin-Kiba Station in eastern Tokyo or at Wakoshi Station in Saitama Prefecture, and transferred to trucks at three stations near Ginza, including Ginza-itchome Station, the sources said.

Land transportation companies face challenges including a lack of truck drivers. (Kyodo)



October 15, 2016 22:12

アマゾンと物流大戦争


 インターネット通販で世界最大手のアマゾンは,書籍はもとより,家電から食品,果ては法事法要に僧侶を手配する「お坊さん便」まで,あらゆる商品を販売する巨大企業に成長た。

 そのアマゾンの本質は,書店でも家電店でもなく「ロジスティクス」にあるとするのが,物流コンサルタントの著者の主張である。ロジスティクスとは,軍隊の後方支援活動全般を指す「兵站(へいたん)」であり,転じて必要な物を必要なときに必要な場所に円滑に届ける物流網とその運用を指す。

 長期間の莫大(ばくだい)な投資で極度に磨き上げられたアマゾンのロジ戦略やビジネス拡大の仕組みを解説し,同社が米国で繰り広げる小売り最大手ウォルマートとの激しい競争や,日本では旧来のモール型ネット通販を相手に優勢な戦いを進めている現状をまとめている。

 NHK出版によると,9月8日に初版1万1000部でスタートし,すでに2000部の増刷が決まった。




佐川急便,日本郵便,ヤマト運輸の3社ー地下鉄使い宅配便配送 運転手不足対策で輸送実験へ 


 旅客専用線の地下鉄に貨物専用列車を走らせ,都心の輸送効率化と環境を考える実証実験が,東京メトロ有楽町線と相互乗り入れする東武鉄道東上線で,9月から始まった。

 佐川急便,日本郵便,ヤマト運輸の宅配便3社は,各社の物流拠点から東京都心部の駅に荷物を運び,回送列車で輸送する。ドライバー不足への対策や渋滞解消による二酸化炭素(CO2)の排出量削減が狙い。「トラック輸送だけに頼るのは,宅配の品質を維持できなくなる可能性がある。将来の労働力不足対策を今から考える」(佐川急便),「ゆうパックと郵便,どちらも運ぶことができれば効率的。いかにして組み込めるか,データをとって将来につなげていく」(日本郵便)と,各社とも新たな輸送手段の開拓に前向きである。


 東京メトロの有楽町線と,同線と直通運転をしている東武鉄道の東武東上線を使い,物流各社の新木場駅や和光市駅に近い物流拠点から,駅までトラックで荷物を運び列車に積む。運んだ荷物は東京メトロの有楽町,銀座一丁目,新富町の地下鉄駅から地上に上げて,宅配便各社が配達先まで届ける。

 今後は,東武の森林公園検修区(埼玉県比企郡滑川町)まで運び,トラックで物流拠点へ運ぶ実験や,新木場車両基地から有楽町線新富駅,銀座一丁目駅,有楽町駅の駅間を輸送し,駅構内から地上へ台車を使って荷物を搬送する実験を予定している。都心部の新たな物流を模索する実験に東武鉄道が参加しているのは「物流拠点が検修区近くにあるため」(東武鉄道)という。


ただ,旅客輸送のために考えられた駅施設を物流で使うことの利便性や安全性の点や,平日朝には時間当たり最大片道22本,昼間で12本というダイヤに,新たに貨物輸送を加えることが可能なのか,といった課題もある。



Tokyo Metro to test parcel delivery services

Tokyo Metro Co. will test the feasibility of parcel delivery services using its subway system in cooperation with other rail and transportation firms, company sources said Aug. 27.

In the test, starting in fall, parcels are loaded onto deadhead trains at Shin-Kiba Station in eastern Tokyo or at Wakoshi Station in Saitama Prefecture, and transferred to trucks at three stations near Ginza, including Ginza-itchome Station, the sources said.
                        source:The Japan Times ST: September 9, 2016







June 15, 2012 20:49





 4月14日,新東名高速道路の御殿場ジャンクション(JCT、静岡県御殿場市)―三ケ日JCT(浜松市)間約162キロが開通した。中日本高速道路会社は残りの区間の工事を進め、神奈川県内に建設予定の海老名南JCTから愛知県の豊田東JCTまでの254キロを、2020年度までに全線開通させる計画である。 


◆新東名高速 御殿場―三ケ日間の開通により渋滞緩和に期待
 新東名高速道路で静岡県内の御殿場ジャンクション(JCT、御殿場市)―三ケ日JCT(浜松市)間約162キロが完成しにより,東名高速の渋滞緩和が期待されている。

 新東名は、東名高速道路の渋滞解消に加え、「2つの大動脈」によって災害などに備えるために計画された。東名高速の御殿場−三ケ日間の1日当たりの平均交通量は10年度に7万4000台で、13年度には新東名と東名の合計で8万3000台に増えると予測されている。交通量が分散され、静岡県の富士IC−清水IC間で年間2500回発生していた渋滞は「事故渋滞を除けば、ほぼ解消される」(中日本高速道路)という。

 さらに、山沿いを走る新東名のルートはカーブや坂が緩やかで、走行距離は現行の東名経由よりも約10キロ短くなる。時間短縮効果や燃料費を抑えられるメリットがある。東京と名古屋の間を結ぶ物流拠点として、静岡の地位が高まるであろう。

◆関連HP

 マーケティング&マニュアルゼミー

  


livedoor プロフィール

kobayashi_rk

記事検索
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ