出版・マスコミ

May 20, 2016 00:18

 5月13日付朝日新聞によると,紀伊國屋書店 https://www.kinokuniya.co.jp/ の新宿南店(1245坪・ タカシマヤタイムズスクエア)が,7月末をめどに劇場と1〜6階の売り場のうち,6階の洋書売り場を残してすべて閉店する。南館は,JR新宿駅新南口から徒歩7分,線路沿いの遊歩道に沿った場所に位置する。

 紀伊國屋書店の閉店理由は,家賃が高く採算がとれない。関係者によると,「契約書には『途中解約できない』とあり,20年間契約満了の2016年を待つしか無かった」。

 1996年当時,延べ床面積4000平方メートルで都内最大級の書店として,タイムズスクエアに入居した紀伊国屋。
当初の家賃は月額にして8000万円。一棟借りだったため,エレベーターや避難階段なども賃料対象となったばかりか,公共料金の負担もあり,年間10億円以上の支払いがあった。黒字だったのはたった1期だけ単店売上高が80億円程度あったため,店舗部門は黒字だった。
 以降は毎年赤字を計上。現在は,売上高が30億円にまで縮小した。

 なお,伊国屋書店・新宿南店の跡地には,家具量販最店のニトリが”テナント”として入居する方向で,交渉中とのこと。



<a  href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4532119316/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&amp;camp=247&amp;creative=1211&amp;creativeASIN=4532119316&amp;linkCode=as2&amp;tag=kobayashiryuu-22">ビジュアル 流通の基本&lt;第5版&gt; (日経文庫)</a><img  src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=kobayashiryuu-22&amp;l=as2&amp;o=9&amp;a=4532119316" style="border:none !important; margin:0px !important;" border="0" height="1" width="1">&nbsp;
<br /><br /><br />
<iframe src="http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=kobayashiryuu-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=4532119316&amp;ref=qf_sp_asin_til&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&lt;1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>


検索 : 


July 15, 2013 14:52

 夏の風物詩として定着した出版各社の文庫本キャンペーン。出版不況の中でも安価で手軽な文庫本への支持は根強く,出版科学研究所によると,2012年の文庫本の推定販売金額は1326億円で2年連続の増加です。単行本などを含む書籍が,6年連続の減少となる8013億円と落ち込む中,堅調さが際立ちます。

 かき入れ時の夏のフェァでは,学生の課題図書向け需要が広がる夏休みを前に,人気アイドルグループ「AKB48」や,ゆるキャラ起用など,マンネリを打破しようと各社が工夫を凝らしていることから,書店の文庫本コーナーはにぎわいをみせています。

◆新潮社 http://www.shinchosha.co.jp/    
 新潮社の文庫新キャンペーンは,「ワタシの一行」。毎夏恒例となっている「新潮文庫の100冊」の対象108作品について,ビートたけし,松井秀喜,菅義偉(内閣官房長官),さだまさし,新藤晴一(ポルノグラフィティ),佐渡裕,五嶋龍,西田敏行,北川景子,太田光,又吉直樹(ピース),ロバート キャンベル……の「ワタシの一行」が,文庫の帯に,書店店頭に,そしてウェブサイト上に寄せられています。

⇒⇒ワタシの一行
   http://www.shinchosha.co.jp/news/blog/2013/07/01.html

◆集英社 http://www.shueisha.co.jp/
 「AKB48」の起用で話題を集めるのが,集英社文庫の今夏のキャンペーン「ナツイチ」。「若い世代に親しみを持ってもらい,夏休みにたくさん読害してほしい」と,1991年から続くキャンペーンで初めてアイドルグループを登場させています。

◆角川書店 http://www.kadokawa.co.jp/
 角川書店は,東京都の「にしこくん」,愛媛県の「バリイさん」や高知県の「カツオ人間」など14種の「ゆるキャラ」を書店店頭のボップやプレゼントグッズに初めて起用し,角川文庫の販促体制を強化しています。

なぜ本屋に行くとアイデアが生まれるのか(祥伝社新書321)



「情報も本も、ネットでなんでも手に入る」 そうは思っていませんか? けれどもネットだけでは、人を超える発想はできません。 著者は、自ら書店の経営にも携わるクリエイティブ・ディレクター。広告の世界だけ
でなく、ビジネス全般で必要とされる企画力や斬新なアイデアのヒントは、本屋にある といいます。 いい本屋の書棚は、単に知りたかったこと以上の「想定外」の情報に出会える、すばらしい
装置なのです。「書棚を旅するようにめぐる」「買った本は、べつに読まなくてもいい」など、 人生を面白くするための、本と本屋の使い方を大公開!


文庫の夏がやってきた






June 11, 2013 00:01



香川県仲多度郡まんのう町(人口約1万9900人)http://www.town.manno.lg.jp/ で,2013年6月1日に開館の同町初の公共図書館「まんのう町立図書館」は,貸し出し用の電子書籍端末として楽天の「kobo Touch」を導入するなど、民間と連携した新しい取り組みを推進している。


 図書館利用者は、館内に設置されるITコーナーのパソコンで無料電子書籍コンテンツの「青空文庫」を閲覧できるとともに、「kobo Touch」を借りれば図書館を離れて自宅や通勤・通学中などでも電子書籍コンテンツを楽しむことができる。
 同端末100台には、1台ごとに異なる組み合わせで図書館お薦めの「青空文庫」50タイトルがダウンロードされており、利用者は読みたいタイトルが多く入った端末を借りることで、複数のタイトルを1台の端末で手軽に楽しむことができる。

■ まんのう町立図書館における「kobo Touch」導入概要
・導入日:2013年6月1日
・導入施設:まんのう町立図書館(香川県仲多度郡まんのう町吉野下957番地)
・ 導入台数:100台
・ 利用用途:図書館利用者個人および団体への貸出
・ 利用コンテンツ:無料コンテンツ「青空文庫」

楽天プレスリリース ⇒⇒ 香川県「まんのう町立図書館」、電子ブックリーダー「kobo Touch」を100台導入
      http://corp.rakuten.co.jp/news/press/2013/0531_01.html

⇒⇒まんのう町満濃中学校改築・町立図書館等複合施設整備事業個別外部監査報告書
 http://www.town.manno.lg.jp/data/fd_140a4e2f9ac0f0/downfile7522417529.pdf


◆まんのう町位置及び地勢
 まんのう町は、香川県仲多度郡の3町(満濃町、琴南町、仲南町)が、平成18年3月20日に合併して誕生した新町です。
 香川県南西部に位置し、面積は約194.33平方キロメートルになります。西の山間部には町名の由来にもなっている日本一の灌漑用ため池、『満濃池』をはじめ、約900ものため池が点在しています。町の南側には標高1,000メートルを超える竜王山、大川山を主峰とする讃岐山脈が連なり、そのふもとを県下で唯一の一級河川土器川が流れています 。



*☆*:…:*★楽天24 koboショップ★*:…:*☆*:










June 08, 2012 23:49


 出版社「アルメディア」の調べによると、書店数は平成9年の2万2279店をピークに右肩下がりを続け、14年には2万の大台を割り、24年には1万4696店にまで減少した。一方で、書店の売り場面積は増加しており、大手書店による店舗の大型化が進む傾向がうかがえる。

 書店調査会社アルメディアによると、2012年5月1日時点での日本の書店数は前年同時期より365店減り1万4696店に、総売場面積は同8854坪減り141万6543坪となった。


 店数の推移 2001年から2011年
2001年  20,939店
2002年  19,946店
2003年  19,179店
2004年  18,156店
2005年  17,839店
2006年  17,582店
2007年  16,750店
2008年  15,829店
2009年  15,482店 ※2009年10月現在
2010年  15,314店 ※2010年5月1日現在
2011年  15,061店 ※2011年5月1日現在
    出典:日本著書販促センター http://www.1book.co.jp/001166.html

⇒⇒都道府県別 本の推定販売額 2011年
   
   ・都道府県別 本の推定販売額を『2011 出版物販売額の実態』(日販経営相談センター編集)より。





January 23, 2012 17:02

◇「asahi.com」ブランドが消滅、「朝日新聞デジタル」に統一
 朝日新聞社は1月23日、ニュースサイト「asahi.com(アサヒ・コム)」のブランド名を「朝日新聞デジタル」に統一した。トップページを刷新し、朝日新聞の有料電子版サービスへの申し込みページの導線を強化したり、有料記事を識別するための「+」ボタンを設置した。

 なお、一部の記事は引き続き無料で閲覧できる。一方、「+」ボタンが付いている有料記事については、全文を閲覧するにはログインが必要。

 有料版ではさらに、全国の地域面を紙面そのままのイメージで閲覧できるサービスをPC向けに開始した。全国6ブロック(北海道・東北、関東、東海・甲信越、近畿・北陸、中国・四国、九州)に分けて並べた地域面イメージを掲載する。紙面イメージは朝刊掲載日の午前10時30分をめどに配信し、翌日の地域面配信まで閲覧可能。

◇福岡県の一部で夕刊廃止 

 朝日新聞西部本社は1方18日付夕刊の社告で,福岡市、北九州市とその周辺地域や山口県の一部を除き、夕刊を3月31日付で廃止する。

 朝日新聞西部本社は、福岡県全域と山口県の一部地域で夕刊を発行している。






「身の丈」を強みとする経営
』(日本経済新聞出版社刊)。本書では,性急な業容拡大は弊害が多いとして,堅実な発展を目指して,自らの分を知り,ライバルの動きに惑わされることなく,マイペースを貫きながら存在感を発揮するという経営姿勢を貫く経営姿勢を「身の丈経営」とし,縮小の時代の小売業経営のあり方を考察しています。


livedoor プロフィール

kobayashi_rk

記事検索
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ