February 02, 2022 09:53

セブン&アイ そごう・西武を売却 ー脱「鈴木路線」加速 コンビニ集中

>>>脱「鈴木路線」加速 コンビニ集中鮮明

セブン&アイ・ホールディングスが,傘下の百貨店,そごう・西武を売却する。2月中にも入札を実施する模様。不振の百貨店事業を切り離して主力のコンビニエンスストア事業に集中する。

この戦略転換は,カリスマ経営者としてセブン&アイの業態をコンビニ,スーパーから百貨店,専門店などに拡大した鈴木敏文名誉顧問の総合小売り路線からの転換を意味する。平成18年。当時会長だった鈴木名誉顧問の狙いは,インターネットと多様な業態の店舗網の総合力を活用し新たな流通経路を構築することだった。
■構造改革の対象に

鈴木氏は日本で初めてコンビニ事業を軌道に乗せるなどカリスマ経営者であるが,28年に内紛で退任した。代わって,井阪隆一社長が経営の舵を握り,29年に,阪急阪神百貨店を傘下に持つエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングに関西2店舗を譲渡。その後も不採算店の閉店や縮小を進め,完全子会社化したときに28店あった店舗は10店舗まで縮小した。

一方で井阪氏は昨年,米コンビニ運営会社スピードウェイの大型買収を実施。同年発表した中期経営計画では,海外コンビニ事業を成長の牽引(けんいん)役に位置づけ,百貨店など大型商業施設は「抜本的な構造改革」の対象とする意向を鮮明にしていた。



■セブン&アイ ー 東京株式市場で年初来高値を更新

セブン&アイは1日,「そごう・西武の株式売却を含め,あらゆる可能性を排除せずに検討を行っている」とのコメントを発表。これを受け,東京株式市場では,構造改革が加速し収益力が高まるとの思惑から同社の株価が一時,前日比490円高まで急伸。終値は前日比245円高の5838円となり,年初来高値を更新した。


■株主の圧力

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響や「物言う株主」からの売却圧力も,セブン&アイの背中を押したとみられる。緊急事態宣言で臨時休業や営業時間短縮を強いられ,百貨店各社は業績が悪化。セブン&アイの百貨店・専門店事業も令和4年2月期の営業損益は約88億円の赤字を見込む。

 「ファストファッション」やネット通販の台頭などで,平成3年をピークに市場規模が縮小するなど構造的な課題も抱えており,ビジネスモデルの転換は百貨店各社共通の課題となっている。




コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

kobayashi_rk

記事検索
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ