August 26, 2020 12:42

レナウン 事業買収の小泉グループ,「店舗の半数は維持」


 アパレル名門,レナウン https://www.renown.com/ が経営破綻に追い込まれた。本業の不振が企業体力を奪い,新型コロナウイルスという非常時をしのぐだけの余力は残されていなかった。これまでの資金の動きを追いかけると,中国の親会社・山東如意科技集団から調達した出資額の約8割が消失してしまっていた。利益効率の改善にこだわり,借金をしてまで主力ブランドの商標権取得に踏み切ったことも結果的には裏目に出た。


    https://www.renown.com/ir/release/2020/l2h587000000lwz0-att/pdf_ir200821.pdf


 関係者 各位
                           令和2年8月21日
                         株式会社レナウン 管財人 永 沢 徹
    株式会社レナウンの事業譲渡契約締結に関するお知らせ

 拝啓 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素より、当社の⺠事再⽣⼿続 (東京地方裁判所 令和2年(再)第7号)にご支援とご理解を賜り、御礼申し上げます。
 さて、当社は、⺠事再⽣⼿続開始決定直後からスポンサー企業の募集を⾏い、多数のスポンサー候補者が参加した入札⼿続を進めて参りました。その結果、本日、当社は、小泉グループの事業会社である小泉アパレル株式会社との間で、「SIMPLE LIFE(シンプルライフ)」及び「element of SIMPLE LIFE(エレメントオブシンプルライフ)」事業について、事業譲渡契約を締結しました。 
また、小泉グループの事業会社である株式会社オッジ・インターナショナルとの間で、「Aquascutum(アクアスキュータム)」及び「D'URBAN(ダーバン)」並びに「STUDIOby D'URBAN(スタジオバイダーバン)」事業について、事業譲渡契約を締結致しました。
事業再生スキームとしては計画外事業譲渡を予定しており、本件事業譲渡の実⾏にあたり、⺠事再⽣法所定の裁判所の許可等が必要となります。今後、⺠事再⽣法に定める手続等を履践し、裁判所の許可が得られた場合には令和2年9月30日(予定)事業譲渡を実⾏することを予定しています。
スポンサー会社の概要につきましては、下記をご参照頂きますようお願いいたします。
   小泉株式会社 https://koizumi-gr.jp/
   小泉アパレル株式会社 https://koizumi-gr.jp/ap/
   螢ッジ・インターナショナル http://www.oggi-inter.co.jp/

 今後も、当社は、管財人及び役職員一丸となって事業の再⽣に邁進する所存でありますので、変わらぬご支援とご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。
                                        敬具 


>>>>レナウン事業買収の小泉グループ,「店舗の半数は維持」

 民事再生手続き中のレナウンの主力5ブランドを買収する同業の小泉(大阪市)グループの植本勇会長は,紳士服「ダーバン」などのブランドを生かし売上高2割増を目指すた。約900ある店舗の約半数は維持したい考え。これまで手薄だったネット販売を強化する方針。



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

kobayashi_rk

記事検索
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ