ソフトバンクのすごみ

June 11, 2016 00:00

┏┓
┗■
 ソフトバンクの金の卵・「アリババ」


有利子負債は11兆9224億円(2016年3月末),国内でもトップクラスの借金企業であるソフトバンクグループ(以下ソフトバンク)。目下のところ,ソフトバンクの手元資金は潤沢で,個人向けを中心に社債による資金調達も進めている。
同社が,資金繰りに窮しないのは,さまざまな調達手段を駆使していることに加え,「アリババ株」というがソ金の卵を有し,「いざとなればアリババ株を売る」選択肢があるからである。


>>>アリババはソフトバンクの持分法適用会社
ソフトバンクは中国ECサイト最大手アリババを傘下に持つ。ソフトバンクは現在32.2%のアリババ株を保有している。アリババへのこれまでの投資総額は105億円なのに対し,保有株の時価は足元で約6.7兆円にのぼる。

その,「アリババ株4%を手放す。内訳は,合計79億ドル分(約8600億円)のアリババ株(29億ドル分の売却と,某金融機関への50億ドル分の担保としての差し出しである。これにより,ソフトバンクの出資比率は32.2%から約28%に低下するが,持分法適用会社であることに変わりはない。


>>>ソフトバンクの泣き所・傘下の米国携帯大手・スプリントの不振
傘下の米国携帯大手・スプリントは,長らく経営不振に喘いできた。だが,スプリントは2016年3月期に9期ぶりの営業黒字化を果たし,端末のリース販売への転換を進めるなど経営の改善は進んでいる。






livedoor プロフィール

kobayashi_rk

記事検索
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ